村田眼鏡舗について

日本で最初の眼鏡専門店村田眼鏡舗は、もとは江戸時代前から京都で御所の御用を勤めておりました鏡師でした。

元和元年(一六一五)大阪夏の陣の年に幕府に請われて江戸へ。江戸で御用鏡師として将軍家にお出入りしておりましたが、皇女和の宮様御降嫁に際し鏡を御上納したのを最後に鏡師を廃業致しました。

日本ではメガネが本格的に作られる様になったのは明治からで、十一代目長兵衛はメガネの技術を習得し明治五年(一八七二)、日本橋室町に眼鏡専門店を開業致しました。

伊藤博文、夏目漱石、島崎藤村もお客様でした。以来、今日まで皇室の御用を承っております。

メガネをオーダーメイドで作れる店が少なくなった現在でも当店では職人を抱え、既製品の他にもお客様の御要望にお応えできるよう努めております。

メガネは良く見えることはもとより、いかに爽やかに体の一部としてお使い頂けるかが肝心。細心の心配りと最高の技術をお届けするため毎日が勉強です。